子宮腺筋症

酷い生理痛に悩まされていました

20歳を越えた頃から生理痛も軽くなってきたのですが、それでも立ち仕事や通勤などに影響を来したことも何度もあります。
生理痛で特にキツいのは子宮の鋭い痛みと吐き気ですが、頭痛や腰痛、腹痛などももちろんあります。夏でも子宮にはホッカイロを貼り、カフェインレスで炭酸でもない温かい飲み物でお腹を温めるようにしていますが、効く時と全く効果が表れない時とあります。
思春期の頃は出血の量も多く、貧血になってしまうほどでした。座っているだけでも子宮が張り裂けそうな鋭い痛みに襲われ、鎮痛剤も全く効果もなく、ほぼ毎回生理2日目と3日目は嘔吐してしまっていました。医師によると生理になりたての人は生理不順のことが多く、わたしも生理不順でした。生理不順のため、出血の量が多くなってしまうようで痛みが症状も重かったようです。
バスケットボール部に所属し、水泳を長く習っていたため、生理が来るとスポーツも楽しめませんでした。痛みに襲われ、動きが鈍くなってしまうことも多く、また動いたことで違う痛みや吐き気を伴うこともあり、水泳の大会が近くともタンポンで漏れるのではとの恐れもありました。水中に身体を長く入れることが、身体を冷やして生理痛を増してしまうので、重要な大会前しかタンポンで運動をすることはしなかったです。
また中学校は共学に通っていたので、体育の授業中、ナプキンがずれることも辛かったですし、専門外の運動だと予測不可能の動きで新たな痛みと出逢うこともあったので、運動は大好きなのに苦渋の時間でございました。
生理痛の全くない友人が羨ましかったです。子宮腺筋症の悩み症状を改善

不妊治療